外国語対応・農家民宿を目指すご夫婦をご案内

関東ご出身で、北陸で農業の研修を受講されたご夫婦。
肥沃な土地を求めて、口コミ?で広がっているせいか、南砺市にやってこられました。
南砺市は医王山などの山からの伏流水からの恵みにより土壌が肥沃であるなど、農業環境に、とっても自信があります!

作物のことなどをあれこれお話しているうちに、なんと、彼たちは英語とフランス語ができるということで、それだったら外国人対応可能な農家民宿をされたら?と盛り上がりました。

南砺市は金沢、高山、白川郷、立山など人気観光地の中心にあるため、それからなんといっても世界遺産五箇山合掌造り集落(菅沼・相倉)や世界文化遺産の城端曳山祭りがあるので、最近外国人訪問客が多いのです!それからICTツールやアプリなどの発展でFIT(海外個人旅行)の人はますます増えています。

ご夫妻は、初日は南砺市役所・暮らしません課で引越し費用の助成等、移住される方向けの支援について説明を受けられました。「移住の手引(南砺市定住促進ガイドブック/PDF)」

体験ハウスに宿泊して、2日目は朝イチで農林課を訪問し、これまでの経験や今後のビジョンなどをお話され、具体的な支援についてアドバイスを受けました。ゲストハウス運営の場合は商工課の起業家むけの支援が活用できるのではということで担当者の挨拶などができました。それから観光課もお隣にあって観光パンフレットをいろいろ見ていただき、これから観光客をおもてなしする側になる構想がどんどん膨らんだ感じでした。

今後は、具体的な物件探しのために、仮住まいできるところを探す予定です。

 

「なんと・わがまま!移住体験ツアー」にお申込みを!

申し込みフォームへ