[参加者レポート]南砺市いつでも移住ツアーを終えて

11月中旬に体験ハウスご利用の石川県在住40歳代夫婦のレポートです。


1日目

太美山移住体験ハウス利用

14:30 道の駅ふくみつ集合→圃場見学
16:30 太美山体験ハウスにてヒアリング

2日目

9:00  南砺市役所農林課にて就農や支援制度について説明を受ける

後日
13:00 道の駅ふくみつ集合→城端借家見学(2件)→福光の春乃色食堂にて昼食→石黒種麹店で買い物→五箇山杉尾集落と物件見学→ねこのくら工房にて宮脇社長と会談

南砺市のいつでも移住ツアーに参加して

■体験ハウスについて

体験ハウスを利用してみて、暖房を使用していない廊下やトイレはかなり冷えるとか、夜になると電気を付けない内廊下は真っ暗になるなど、生活を体感することができました。また、調理器具など完備してあるので、地元で買ってきたの食材を使った料理をすることもでき、南砺市の暮らしを体験することができました。

■農業について

私は就農を考えているので、圃場巡り、農林課の職員の方との面談、土壌医・栽培コーディネーターである吉田剛さんとの会談を組んで頂きました。新規就農する際の補助制度についての説明や農地の斡旋など、今後農業を展開していく上で有意義な情報であったと思います。土壌医・栽培コーディネーターの吉田さんとは農業を始めるにあたり、適した作物と場所の選定、販路、経営戦略など、ビジネスとしての農業論を聞き、良いアドバイスをして頂きました。

■住まいについて

将来、私たちは農家民宿をしたいと思っていて、それに適した住まいを探しています。

まず仮住まいとして、城端の町中にある2件を見学しました。次に五箇山の杉尾地区に移動して、1件見学しました。あいにく内見は出来なかったのですが、集落に住む宮脇さん(ねこのくら工房/五箇山豆腐の製造・販売会社社長)の親切で熱心な案内で、とても楽しい時間を過ごすことができました。


翌日に家の内の写真を送っていただき、丁寧な対応に感謝しました。

「なんと・わがまま!移住体験ツアー」にお申込みを!

申し込みフォームへ