[参加者レポート]会社面接と先輩移住者訪問

東北地方から、南砺市の企業に面接をされにいらっしゃった30歳代男性。
めでたく内定となると、南砺市での新生活がスタートとなりますので、体験ハウスを利用されました。

せっかく遠方からこられたこともあり、南砺市の生活環境について移住コーディネータが案内。
カフェがお好きだということをお聞きし、先輩移住者でゲストハウス「タカズーリ喜多」を運営している多賀野夫妻を訪問。

ちょうど、地元ケーブルテレビ局の取材を受けているところでした。

ゲストハウスとカフェ・バーを運営しておられ、新商品の「凍りコーヒー牛乳」をいただきながら、移住に至った経緯や思いなどのお話を聞くことができました。2011年の震災の話題など、少し共通する部分があり、食べ物の安全面や山が好きな事など、先輩移住者の生の声は参考になったのではないかな、と思います。

 

南砺市の企業は、インターネットで探してこられたとの事で、特殊な技能をもっている会社をはるばると訪ねてこられましたが、そういった機会は実は少なくありません。

木製バット生産日本一で知られる福光地域のある企業様には毎年のように遠方から就職したいとのことで会社見学にこられる方がいらっしゃるということでした。

これからも、住みやすい市ランキング上位の南砺市で、希望のお仕事に従事されて安心で充実した人生を送る方がますます増えると良いなぁと思います!

「なんと・わがまま!移住体験ツアー」にお申込みを!

申し込みフォームへ