[アテンダーレポート]移住先を求めて

生まれも育ちも関東の30歳代女性。

これからの人生を考えて、ゆっくりしたところでの移住を希望していて、日本全国あちこち旅をしています。

南砺市に来られたきっかけはテレビで外国人や移住者が増えていると偶然みたから。それまでは南砺市のことは全然知らなかったとの事です。

テレビを見てから、富山県くらし・しごとセンターに相談され、間もなく移住先探しの旅へ来られました。

まずは高岡駅より世界遺産バスにて、五箇山に。ゲストハウス「タカズーリ喜多」では、オーナーの多賀野夫妻の案内で、村上家をご案内。夜は地元の方と食事をしながら楽しく交流されました。

くろば温泉内にある「うまいもん処・吟奴(ぎんや)」でも、地元の人と情報交換。冬の暮らしやお仕事についてなど、漠然としていた移住計画もいろいろ具体的になりそうな予感がしたのではと思います。

そして、ちょうどこの時期は、南砺市にある二つの別院で、夏の催しが実施しているところでした。

井波別院・瑞泉寺 太子伝会
城端別院・善徳寺 虫干法会

お若い方なので、興味があるかと聞いたところ「私、好きです!御朱印帳も持っています!」との事で、さっそく伺うことに。

お昼食は、井波別院の台所場にてお斎(とき)をいただきました。

名物のさばずし(鯖の熟れずし)を一緒にいただきました。
車麩の煮物もこの辺りの特徴的ですね。

五色旗がたなびいた瑞泉寺には、多くの方が太子様に手を合わせにこられていました。

この時期にしか拝見できない、虫干されている掛け軸などの宝物展示や、山門の天井画を拝見しました。

八日町通りには、富山県の移住コンシェルジュを務めていた方がオープンした、オーガニックとフェアトレード商品を扱うお店「metio」(FBページ)へ!移住に関する様々なお話を聞くことができたと思います。

とやま移住サイトでのmetioの紹介記事

これからの長い人生。あちこち移住先を探す旅をする候補に南砺市を選んでもらって嬉しいですね。果たして今回のひとり旅が彼女の運命的な出会いとなるのか…。これからのお楽しみです☆

 

「なんと・わがまま!移住体験ツアー」にお申込みを!

申し込みフォームへ