[アテンダーレポート]30歳代ご夫婦をご案内

本サイトから、案内をお申し込みの関東在住のご夫婦。

待機児童問題、次々と建設されるタワマンの数から小学校の教室数を計算した時、あり得ない数字に不安がよぎり、地方への移住を考えているということでご連絡がありました。

それなら、同じく関東から移住されてきたご夫婦をご紹介したい、と思い、先輩移住者のご夫妻をお訪ねしました。ちょうど地域の交流祭が実施している会場にいらっしゃるということで、農産物や地域特産が並んでにぎわっている場所で15分ほどお話しを聞かせていただきました。

ちょうど保育園お迎えの時間に様子を伺いに行くことができました。

都市部と比較してこちらの生活環境についてご不安があるとおもいましたので、スーパーや病院などをご案内しました。特にびっくりされたのは、保育園の敷地の広さ!(参考:福野おひさま保育園 )

ん?この大きさは普通ですけど…!と思いましたが、南砺市の保育園は冬は床暖房でポカポカですし、屋内でも屋外でも広々と遊んでもらえます。これってけっこう贅沢なことなのだと、逆に知ることができました。

「未来の子供たちはぜひ南砺市出身にしたい!」という、嬉しい感想をいただきました。

後日、ご主人の就職活動を行いましたが、無事南砺市内企業から内定をもらい、次は新しい住まい探しになります!

DIYが得意そうなご主人ですから、古民家を改修するか、はたまた宅地を買って新築で建てられるか…夢が広がります。

またご相談お待ちしています♪

 

「なんと・わがまま!移住体験ツアー」にお申込みを!

申し込みフォームへ